『カレーに福神漬けは最強の組み合わせって言うけど、なきゃないで別にいい』を書き終えて

さーて、今回も、何も考えずに、思いついたことをだらだらと書き綴るぞーう。


まず、
ごめんなさいorz

高い評価を下さった読者さんには大変申し訳ないのですが、今作品は、私自身も納得のいく出来とは言えないものでした。

前回が、思った以上に好評で、その勢いで今回の作品を読んでくれた方もいらっしゃると思います。
がっくりさせてすみませんでした。

かと言って、決して手を抜いたわけではないのです。
ギャグというジャンルに於いて、あれが今の私の全力なのです。
あとがきにも書きましたが、もう合わない合わない。
テンポコントロールが、他のジャンルの比ではないくらい難しい。

しかし、それでもギャグというジャンルで作品を作る必要がありました。
それは、苦手なジャンルほど、書き終えた時に気付くことがあるからです。
自分で気付く弱点もあれば、読者さんが指摘してくれることもあります。
それが、次の作品の糧となる。そう思うのです。

ですので、まことに勝手な言い分なのですが、後悔はしていません。
自分の得意なジャンルで堅実に点数を稼いでいくより、色んなジャンルに挑戦してボロクソ言われた方がいい。
私はそう考えています。だってその方が気持ちいい

私は、ネタがある限り、ギャグSSを書き続けようと思います。
そしていつか、読者さんが腹の底から笑える文章を作ってみせます。

先は長いですけど、少しずつ、進んで行こうと思います。
[PR]
# by hadukivanhouten | 2009-12-16 00:42 | SS

『八雲紫は此処にいる』を書き終えて

ネタバレありです。

一応隠しておこう(っ・ω・)っ
[PR]
# by hadukivanhouten | 2009-12-02 20:28 | SS

『華人娘とイカリの村紗』を書き終えて

毎回のことですけど、あとがきと内容がかぶってしまうのは仕方の無いこと。……ですよね?

以前から、バトルものを書きたいと強く思っていました。
自分の頭の中では、美鈴がこう動いて、村紗がこう動いて、というのがしっかりとできていて、それを文章にするだけだから簡単簡単、と高を括っていました。
しかし、いざ書き始めてみると、これが難しいこと難しいこと。
バトルはテンポが大事だから、あまり説明や描写を入れたくない。しかし、入れないと状況が上手く掴めない。という二律背反が、顕著に現れるジャンルだと思いました。思い知らされました。


話は変わりますけど、近頃、多くの新人さんがデビューして、面白い作品をどんどん投稿しています。
その中には、僕が考えている話と似たような作品もあったりして、しかもそれが上手かったりして、妙に焦ることが、たびたびあります。
創想話人口が増えることは、嬉しいことですけどね。
自分よりあとにデビューした作家さんたちが、どんどん面白い作品を作り上げていく。そのことに、言葉では表し難いもどかしさを感じる、今日このごろであります。
うぅむ、我ながらちっぽけだ。
[PR]
# by hadukivanhouten | 2009-10-18 00:43 | SS

『星熊勇儀と漢のつまみ』を書き終えて

あとがきでも書きましたけど、気分転換がてら書き上げた作品です。
料理ネタだとストーリーや理由付けなどが、そこまで必要じゃないので、楽に書けます。
に、逃げたわけじゃない。逃げたわけじゃない……。気分転換って言ったら気分転換です。

当初の予定としては、勇儀に、普通に料理を作らせようということだったのですが、それじゃ面白くない。失敗させてやれ。と思い、辛すぎたり、しょっぱすぎたりさせました。
それと、パルスィが出てくる予定は全くなかったんですけどねー。何が起こるかわからない、本当に。

これも、あとがきで少し書きましたが、勇×パルではなくて、パル×勇風味に仕上げてみました。自分の中ではこんなパルスィもありだったりします。受け入れられるかどうかはわかりません。
最後でちょっと崩れてますけどね。

10月中に、今書いてるものを上げられたらいいなあと思っています。
使ったことのないキャラばっかりなので四苦八苦してますが、頑張っていきたいと思います。
[PR]
# by hadukivanhouten | 2009-09-23 21:23 | SS

むーりーだー!むりーだー!

僕の実力ではー。

自分の遅筆をほんっとどうにかしたいですほんと。ほんと。
文章を書き始める前に、全体のプロットを作るんですけど、プロットに沿って書いていっても絶対に脱線するし、シーンとシーンの境目と言いますか、つなぎが上手くいかなくて何日か開いてしまうということがしばしばあります。
一作品集に一作品は投稿したいなーと思ってるんですけど、とてもじゃないけど間に合わないです。
てゆーかここ何ヶ月か、作品集が埋まるの早いですよね。うん、間に合わないのは僕のせいじゃない。きっとそのせいだ。
っていう言い訳。

一作品集に二つとか三つとか投稿してる作家さんを尊敬します。まじで。
速筆のコツとかあったら教えてもらいたいものです。まじで。

上記した、シーンとシーンを上手くつなげない、っていうのは、結局は実力が足りないってことなんでしょうね。ガッツもかも。


上を見たら数え切れないほど作家さんたちがいます。
いつか僕もそこまでいきたいなあ。




と、何も考えずにつらつら書いてたらただの愚痴みたいになってしまいました。
も、申し訳……あります。
だって暇だったんだもん(文章書け
[PR]
# by hadukivanhouten | 2009-09-06 01:35 | 駄文

『向日葵娘のお料理対決』を書き終えて

あとがきでも書きましたが、今回の作品はとても楽しく書くことができました。
よく、キャラクターが勝手に動く、というようなことを聞きますが、今回その境地の一端を垣間見ることができたかもしれません。

そんな、楽しく自由に書けた作品でみなさんの評価を得ることができる。
この上ない喜びです。
過去最高得点の2640からいきなり跳ね上がったなぁ。次が怖いですw

ただ、この点数を手放しで喜べない部分があったりします。

それは、自分の実力だけで勝ち得た点数ではないということ。
料理ってのはその人の実力+α=点数 になっている節があるように思えます。

それと、やはりゆうかりんのお母さんキャラ。
元々、実はやさしいゆうかりんというのは人気がありましたし、ここ最近ゆうかりんを主役にしたSSがあまりありませんでした。
タイミングがよかったのだと思います。僕が投稿して、しばらく誰も投稿しませんでしたしね。


だからなに? と言われたら……どうなんでしょうね。何を言いたいのかよくわからない文章になってしまいました。

とにかく、キャラクターに頼らないでも面白い文章が書けるようになりたい。
そう思うのです。




さて、ここからは数々コメントがあったお母さんキャラの存在の話。

神綺と藍と魅魔はどうした。とのこと。
この三人を出さなかった理由はいくつかあります。

まず最初に、幽香がぱっと思いついただけのことなので、全てのお母さんキャラ候補が上がったわけではないということ。あまりキャラが多いと、文章が冗長になってしまうと思うのです。

次に、神綺は実際にお母さん(?)だからお母さんキャラには該当しないんじゃないか。魅魔も、師匠というイメージが強いので、どうせ省くから書かなくてもいいのではないかということ。

最後に、これが一番大きな理由です。これのせいで三人を今回の作品に出すことがどうしても出来なかった……。
それは












すっかり三人の存在を忘れていたんですorz

なんで!?
ちんきもらんしゃまも大好きなのに!(魅魔さまは別に……
某有名人の某名セリフを拝借しますと

俺が俺をわかんねーよといったところでしょうか……。
猛省したいと思います。

散々それっぽい理由を書きたて挙げましたが、そんな感じです。ごめんなさい。
まあ、書き上げてみたら、正直三人の描写はなくてもよかったかな? とは思えますけどね。
幽香と美鈴の一騎打ちは決定してたので、対決キャラを増やすことは考えてませんでしたし。

……って、これも言い訳ですよね。
実力不足ってことで、ここは一つm(__)m
[PR]
# by hadukivanhouten | 2009-08-19 01:06 | SS

c76おつかれさまでした!

サークル参加は初めてだったので、ちょっと緊張しましたけど、無事に且つ満足に終えることができました。ぱちぱち。
すっごく楽しかったです! 自分のスペースがあるっていいですね……w

ところで、ハテノハテ星雲さんの同人誌を買ってくださった方はいますかね?
とても綺麗な絵で、とても綺麗なストーリーで心がほんわかできる作品でしたよ!
僕も売り子のお手伝いをしていたんですけど、いっぱい売れ残っちゃって残念でした(ノ-;)

ちなみに僕もコピー本でちょろっとSSを書かせていただいたんですが、自分の書いたものが本になるって予想以上に恥ずかしいですね。嬉しいけどw

いずれは自分の作ったものであの場に臨みたいです。
[PR]
# by hadukivanhouten | 2009-08-16 00:42 | 駄文

コミックマーケット76

で、ハテノハテ星雲さんのとこでゲスト参加させてもらいます。
短い文章なんかも書いてみたので、是非読んでやってください。喜びます。

ちなみにハテノハテ星雲さんのスジャータさんとは、友達の同僚の友達という間柄 \遠いよ!/
一度もお会いしたことはありませんw

すごくキレイな絵を描いてる人なので、一度サイトの方に行ってみるのもいいかもしれませんよ?
癒されます。
[PR]
# by hadukivanhouten | 2009-08-12 04:27 | 駄文

ここから始まる俺の伝説!

なーんて大げさなこと書いてみちゃいました。初めてきちんとしたホームページ作ってテンション上がっちゃっただけです。ごめんなさい。
夜明けのテンションって恐ろしい。

軽く自己紹介しておきますね。
葉月ヴァンホーテンです。東方projectの二次創作をやっています。主に文章。
絵なんかもたま~に描いたりしてますけど、それはもうひどいもの。ちょっとずつ上手くなっていきたいなあ。

書いた文章はクーリエさんの東方創想話に投稿してます。なかなか点数がとれなくてくやしい~。
こっちもちょっとずつ上手くなっていきたいですね。
あとがきでだらだらと解説とかするのは好きではないので、ここでだらだらとやっていこうかなって思ってます。

よろしくね。
[PR]
# by hadukivanhouten | 2009-08-12 04:23 | 駄文