『クールな咲夜ちゃんがこんなに可愛いわけがない』を書き終えて。

はーい、葉月でーす。

先ほど創想話に投稿させていただきました。
咲夜ちゃん可愛いよぉぉおおお!
という思いが伝われば幸いです。

話は変わりますが、そろそろ私も長編シリアスに挑戦しないとなぁ……と切に思い始めてきました。
料理、ギャグ、バトル、ホラー、一発ネタ、ほのぼの。
色々やってきたつもりです。
実力が足りない、と逃げてきたシリアス。
そろそろぶつかってみてもいいのかもしれない。
ネタは色々あるから、少しずつ始めてみよう。

そんな感じーうけるー。
葉月でした。
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-12-26 20:35 | SS

『今日、幻想郷に隕石が落ちてくる』を書き終えて

葉月葉月! 葉月だって!
こんばんは、葉月です。

先ほど投稿させていただきました。
察してもらえたら幸いです。

自虐ネタとして作品にできるくらいには元気です。
元気……元気……私は元気……(怖い)

まぁ、運転には気をつけましょうってことで一つ。

葉月でしたー!
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-12-20 00:24 | SS

『冬は冬で蕎麦が美味い』を書き終えて

ねむーい! 葉月です!

あとがきで全てを語ってます。そんな感じです。
作中のメニューは本日、私がお昼に食べた内容そのままです。

やー、久々に当たりのお店を見つけました。家からすぐ近くってことが、悔しいですがw
なんでもっと早く行かなかったんだろう。

気になる方は是非どうぞ!

葉月でしたー。
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-11-29 01:52 | SS

『メリーの日記は終わらない』を書き終えて

今日寒かったですね。あ、そういえば葉月です。

先ほど創想話様に新作を投下いたしました。
やったことないジャンルに挑戦してみよう、ということで今回はホラー。
けど、これって本当にホラー?
ただの鬱話っぽくなってしまった感が否めません。
まあ、無限ループって怖いよねってことです。

似非ホラーとなってしまいましたが、これでも結構苦労しました。
なにせ生まれてこのかたホラー小説なんて読んだことありませぬ。
どうしたら人が怖がるのか、右も左もわからない状態です。
東京から日暮里に行こうと思ったら、浜松町にいた。そんな感じです。
そもそも日暮里に行く用事って何だ。


ともあれ、葉月でした。
それでは!
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-11-16 23:42 | SS

『八雲家の日常』を書き終えて

葉月でーす。本当ですよ?

先ほど創想話様の、今回は目地らしくジェネリックの方に投下させていただきました。
ストーリーもなにもあったものじゃない、ただの1シーンです。
ただ好きなキャラを、好きに動かしたかっただけ。それだけです。

あ~楽しかった。
それでは!
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-11-01 00:56 | SS

『カボチャときつねと秋の空』を書き終えて

こんばんハロウィン。葉月です。
先ほど創想話様に作品を投下させていただきました。

たまには時期ものでも書くかと始めたこの作品。
私にしては珍しく一発ネタですね。
オチを際立たせるための、話の持っていき方がイマイチよくわからず、少しぼやけてしまったかもしれません。
難しいですねー。一発ネタが書ける人ってすごい。ごいすー。

ともあれ、楽しんでくれた読者さんが一人でもいたのなら、この作品は作った甲斐があったというものです。
どうか一人でも多くの読者さんを満足させられますよう……。

そんな感じで。
それでは!
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-10-31 02:17 | SS

『メイドだってラーメンくらい食べますよ』を書き終えて

こんばんはづきー。
今! 創想話様に投稿させていただきました。

見ればわかりますが、ラーメンです。
これでもかってくらいラーメンです。

あとがきでも書きましたが、普段いかないジェネでラーメンSSが投下されてたので読んでみたら、食べたくなったし書きたくなった。反省はしている。
ってことです。

あとは、意外にもラーメンって書いたことなかったなーと思い、これはいい機会だと一気に仕上げてみました。
やっぱり料理ものを書くのは楽しいなぁ。筆が進む進む。

時間的にメシテロにはならなかったはずです。
じっくり読んでくださったのなら、幸いです。

それでは!
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-10-24 21:33 | SS

『テルマエ・サナエ』を書き終えて

(スチャッ)葉月です。こんにちは。
これから創想話に作品を投稿するところです。
事前更新ー!

まぁ、特に説明するところとかないですね。
テルマエ・ロマエ2巻が面白かったから書きたくなっただけです。
ということと、とある事情から銭湯シーンの練習をしておきたいなと思ったからです。
あとは、ぽーんとタイトルを思いついてしまったためw

割と地雷とされるクロスオーバーものですが、クロスオーバーにしては書きやすい方だと思いました。
異世界に入り込む説明がいらないですからねー。そういう漫画だからw

ともあれ、やはり多少なりとも賛否両論はあると覚悟しております。
批評酷評大歓迎ですので、コメントでもこちらでもメールでも、何かありましたら聞かせていただけるとありがたいです。

それでは!
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-09-26 15:59 | SS

『お洒落な彼女とお茶目な魔法』を書き終えて

ぃよっと。葉月です。
今しがた新作を投稿いたしました。

先週、急きょ書くことが決定して、頑張っちゃった次第です。
というのも、とあるオフ会で、とある超大御所作家様から

「葉月さん、次はどんな料理もの書くんですか?」

と聞かれまして

(えぇ!? 料理もの確定なの!? どどど、どうしよう何も考えてない! でもこのお方が期待してくれているのだから何かかかないと……!)

と超テンパった挙句

「……カ、カレーです!」

とうっかり言ってしまったためです。
持ちネタがあってよかった、と心底思ってます。


さて、作品についてですが、前作と微妙にリンクさせております。
続きものではないので、注意書きはしませんでしたが。
咲夜とレミリアが過ごした幸せな日々の一コマ。そんな感じで読んでいただければと思います。

最近咲夜さんが好きすぎて仕方がない、葉月でした。
それでは!
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-09-23 19:34 | SS

『彼女が淹れた塩味コーヒー』を書き終えて

あい。葉月です。

今しがた、新作を投稿させていただきました。
今回はほんのりビターテイスト。

ちっちゃくて可愛い咲夜を書きたい! と思ったことが発端なのですが、今までちっちゃい藍と、ちっちゃい慧音を書いて、さすがに3つ目も同じような締めはあかんやろ、と思い、ビターに仕上げてみました。

今回は、あえて語らなかった部分も多いです。咲夜の過去とかね。
書いたら蛇足というか、主題からずれる気がしたもので。

今までハッピーエンドばかりだったので、今後はもっと深みのある作品も作っていきたいですね。

葉月でした。
それでは!
[PR]
# by hadukivanhouten | 2010-09-12 20:46 | SS