<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『幻想美食夜行』を書き終えて

せーの、こんばんはー!
葉月です。

色んなものに挑戦してみたいというのは、何もジャンルのことに限ってではないのですよね。
今まで使ったことのないキャラを使うのも立派な挑戦。
と、ごまかしごまかし。

いやまあ、実際色々と挑戦してみたところは多いです。

まず、以前ボロボロだった一人称体に再チャレンジ。
どういうわけか、秘封の二人を出すのなら、メリーの一人称だろうな、と勝手にイメージが出来上がっていたのです。不思議ー。

次に、料理描写。
いつもみたいに、ただうまいうまい言ってるわけではなく、その食材の、人によっては嫌いなところを描写してみたつもりです。それによって、天然ものと、それ以外の差を演出したかったのです。

それと、世界観ですかねー。
幻想郷とは違って、秘封の世界観は、きっちりと二次設定が固まっていないと思うのです。
それゆえに、ある程度は自分で練りこむ必要がありました。まー練りこめてないんですがね!
二次創作というジャンルの上での切った張ったなので(そんなことはしていない)今まで世界観を作るということはしていなかったのですよね。すべて既存の世界観を丸借りしてたわけです。
これはキャラクターにも言えますけどね。

つまり、何が言いたかったのかと言うと、何も考えていなかったので自分が何を書いているのかがわからないということです。

でぃは!ノシ
[PR]
by hadukivanhouten | 2010-01-25 23:02 | SS

コンペを終えて

みなさん、コンペお疲れさまでした!
全作品どころか半分も読めなかったので、随分と悔いの残るコンペとなってしまいましたが、
それでも初参加ということからの緊張、不安、締め切りに対する焦り、完成したときの達成感、などを感じることができたので、楽しめたのだとは思います。


順位は65位。
初参加でこれは、健闘した方なのですかね? よくわかりません。
ただ、満足してしまっては、物書きとしてはそこで終わりなんですよね。
正直言うと、ちょっと悔しいです。
ベテラン作家さんたちの技術、若手作家さんたちの勢いに、今一歩及ばず、と言ったところでしょうか。
もっと面白い文章を書けるようになりたいものです。


作品について少し。
起こる奇跡の起こし方。
これはものっすごく苦労しました。
過去最大kbの作品が34kb?くらいの『狼と交信用』なんですが、今回の作品は、その倍以上の82kb。
よく1ヶ月で書けたものだなあと、我ながらに思います。元々遅筆なんです。

大体、私が書いた作品は、ふと天啓がひらめいて、それを掘り深めていく感じなんですけど、今回はテーマが雨ということで、何にも浮かばなかったんです。
だからとりあえず、今まで早苗を使ったことがないから、使ってみようと、まず決めました。

そんなこんなだから、ストーリーはそこまでしっかりしたものは練れないな、とわかっていました。
そこで、一つ実験……というかこだわってみたことがあります。

それは『ドラマ』です。

「ストーリーがイマイチでも、その場のドラマが面白ければ、作品の質を底上げしてくれるんじゃないか?」
そう思ったのです。

読者さんに面白い、と思わせる要素は三つ。

①ストーリー
②キャラクター
③ドラマ

です。
これはシリアスに限ってのことかもしれないですし、私自身が勝手に思っているだけなんですけどね。
ギャグやちゅっちゅなんかには当てはまりません。

まあ自分は素人ですから、ドラマなんて作れるはずもないです。
だから一番わかりやすい、王道熱血ハッピーエンド(山あり谷あり)
で作ることにしてみました。これなら真似るくらいはできる。

結果はご覧のとおりですね。
所詮、猿真似なのでチープに思えてしまいますし、それでもそれがいいと言ってくださった方々もいらっしゃいます。
好き好きはあると思いますが、自分がもっと上手く書けてれば、もうちょっと違った評価もあったんじゃないかなーと思います。これも悔しさの一つですね。

まあこう言った悔しさも含めて、コンペの面白さだと思います。
色々と勉強もできましたしね。
次回も是非参加したいと思っております。


そうそう、随分と間が空いたけど、どうしたのかというコメントをもらいましたが、コンペでした。ちゃんちゃん。


んまー、相も変わらず冗長な文章ですし、書き終えてから随分と経っているので、言いたいことが抜けているかもしれませんが、とりあえずはこんなとこですね。

あ、猫の方は完全に息抜きです。お目汚しすみませんでした。えへ。
[PR]
by hadukivanhouten | 2010-01-21 23:10 | SS

『妬む心と情愛料理』を書き終えて

おこんばんは。葉月です。
何も考えずに、その時に思いついたことをだらだらと垂れ流していきます。
こんなんだから無駄に長くなるんだ。


ギャグは、とてもじゃないけど読者さんを満足させられる域に行き着けない。
そう思い、今回は自分の得意なジャンルを投稿することにしました。
またいずれギャグも書きますけどね。いっぱい勉強してからです。

実は今回の作品、書こうと思ったのは十月あたりだったりします。
紅楼夢に行ったついでに、京都を観て回ったのですよ。
そいで、京都いいなあ。パルスィいいなあと思いまして(強引

ただ、せっかくだから懐石料理でも作らせようと思ってたのですけどねー。
懐石料理なんて全くわからないので、勉強してからいつか書こうと考えてたんですけど、パルスィが好きで我慢できなくなっちゃったんです。
それに、高級感あふれる料理よりも、家庭料理の方がイメージしやすいかなとも思いまして(言い訳

なんにせよ、自分の得意なジャンルなので、楽しく、割とすいすい書くことができました。一週間くらいですね。
とはいえ、平日は全く書けてないのですけど……。平日も書けるようになれば、投稿ペース上がりそうなんだけどなー。
時間の使い方を学ばなくては……。

どうでもいいかもしれないですけど、作中にあったお茶漬け。ふじっ子と鮭フレークを乗っけてお茶をかけるだけというシンプルな料理です。めちゃめちゃおいしいので、是非試してみてください。お茶じゃなくても、お湯でもいいです。

さてさて、次回作はどんな作品にしようか、などは全く決まっていないのですけど、使うキャラクターは決まっていたりします。
今まで使ったことのないキャラクターです。
自然に、ジャンルや作風も変わるのかな。何にせよ、新たなる挑戦ですね。楽しみです。

去年の七月から書いているシリアスものの終わりが見えません。ボスケテ。


はい。その場で思いついたことを書くと、こうなる。
特に見直しなんかもしないから、支離滅裂になってないか不安ですけど、それでも見直す気にならないのは、投稿後ということで、解放感があるからなのかな。わかりませぬ。

あ、皆様、新年明けましておめでとうございました。
今年もよろしくお願いしまーす。
[PR]
by hadukivanhouten | 2010-01-12 01:30 | SS