『幻想美食夜行』を書き終えて

せーの、こんばんはー!
葉月です。

色んなものに挑戦してみたいというのは、何もジャンルのことに限ってではないのですよね。
今まで使ったことのないキャラを使うのも立派な挑戦。
と、ごまかしごまかし。

いやまあ、実際色々と挑戦してみたところは多いです。

まず、以前ボロボロだった一人称体に再チャレンジ。
どういうわけか、秘封の二人を出すのなら、メリーの一人称だろうな、と勝手にイメージが出来上がっていたのです。不思議ー。

次に、料理描写。
いつもみたいに、ただうまいうまい言ってるわけではなく、その食材の、人によっては嫌いなところを描写してみたつもりです。それによって、天然ものと、それ以外の差を演出したかったのです。

それと、世界観ですかねー。
幻想郷とは違って、秘封の世界観は、きっちりと二次設定が固まっていないと思うのです。
それゆえに、ある程度は自分で練りこむ必要がありました。まー練りこめてないんですがね!
二次創作というジャンルの上での切った張ったなので(そんなことはしていない)今まで世界観を作るということはしていなかったのですよね。すべて既存の世界観を丸借りしてたわけです。
これはキャラクターにも言えますけどね。

つまり、何が言いたかったのかと言うと、何も考えていなかったので自分が何を書いているのかがわからないということです。

でぃは!ノシ
[PR]
by hadukivanhouten | 2010-01-25 23:02 | SS


<< 『少女が恋した魅惑の小箱』を書... コンペを終えて >>